アミノ酸サプリメント口コミ比較ランキング >  アミノ酸摂取で期待される6大効果とは >  アミノ酸の集中力アップ効果

アミノ酸の集中力アップ効果

このページでは、アミノ酸が持つ集中力をアップする効果について解説しています。

「集中力をアップする」とは?

まず、「集中力」についてですが、私たちは中枢神経系からの命令によって行動を促されます。

例えば、中枢神経系から「何かの作業をしよう」という命令が下されると、「神経伝達物質」が分泌され、末梢神経を通じて私たちの体のすみずみまで命令が伝わり、作業を始めるという仕組みになっています。

実はこれが「集中力」の始まりなんです。

神経伝達物質には、集中力に必要な「興奮性」が含まれているので、作業命令が出てからしばらくの間は作業に集中することができるでしょう。しかし「興奮性」と共に、いわゆる”飽き”という状態に繋がってしまう、「抑制性」の物質も含まれています。

そのため、長い時間脳や体が使われると、「興奮性」が「抑制性」の伝達物質に代わり、集中力が途切れる・低下するという状態を作り出してしまうというわけです。

このことから、集中力を持続させるには「興奮性」の伝達物質を保持すること、「抑制性」の伝達物質の分泌を抑えることが必要となります。

集中力アップに効果的な成分

アミノ酸は脳内に入ることで、

  • 「興奮性」の伝達物質のエネルギーになる
  • 「抑制性」の伝達物質の分泌を抑える

という2つの役割を果たすため、集中力の持続に最適だといえます。

具体的に集中力アップに効果的なアミノ酸成分には、

  • トリプトファン
  • BCAA
  • イソロイシン
  • アルギニン
  • グルタミン
  • チロシン

などがあります。

トリプトファン・BCAAには「セロトニン」という、眠気や疲労感のもととなる抑制性物質の働きを妨げる作用があります。

イソロイシン・アルギニン・グルタミンは、興奮性の伝達物質のエネルギーとして使われるので、これらを多く摂取することで興奮性の伝達物質が出続け、集中力を継続することができます。

チロシンは、「ドーパミン」「ノルアドレナリン」という脳を興奮させる原料となるアミノ酸です。疲労や眠気を軽減してくれるので、疲労感による集中力低下を防ぐことが出来ます。

ただし、これらの成分で「集中力がアップするかどうか」は、正直なところ個人差があります。集中力の持続時間も集中の度合いも、脳内の神経分野に関わることですから、誰にでも一定の効果が出るとは言えません。

アミノ酸の効果は実証されていますが、それだけに頼るのではなく、あくまで補助的な役割としてアミノ酸を摂取していくことが望ましいでしょう。

口コミ評価の高いアミノ酸サプリメントを比較!
アミノ酸配合の燃焼系サプリメント一覧
アミノ酸サプリメントに関するQ&A
アミノ酸摂取で期待される6大効果とは

↑